富士技術開発株式会社

業種 その他サービス
    • 研究開発を重視している企業

  • 本社・三原技術センター です。(広島県三原市糸崎2 丁目11-1)勤務地は水島技術センターもあります。( 岡山県倉敷市水島明神町4-7)

  • 社内は若手とベテランがワンフロアで仕事をしています。「何かあればすぐ聞ける」社風は当社の特徴です。

わが社は総合技術でお客様の幅広いニーズにお答えする企業です。

富士技術開発株式会社 伝言板

更新)

伝言はまだありません。

モノが生まれる瞬間を味わえる、それが設計です。

富士技術開発は、1963年に創業した機械設計の会社です。

現在の主な業務は、新聞などの印刷に使われる印刷機、段ボールの製造に使われる機械、自動車の生産ライン、新交通システム・車両の設計で、三菱重工業や三菱自動車工業が取引先の中心となっています。

設計という仕事は、ものづくりの最初に行われる重要な工程です。
指示されたことを図面にするだけではなく、自分のスキルや経験で、顧客の要望をカタチにしていくことに醍醐味があると思います。
「設計」と言ってもデスクの上だけの仕事ではありません。
プランの段階から参加し、図面を作成、さらに据え付けの立ち会いまで行います。
「ものづくり」を仕事にしたい人にとっては、自分の創造性を十分に活かせる仕事ではないでしょうか。

勤務地は、本社および三原技術センターがある広島県三原市と岡山県倉敷市の水島技術センター。
どちらも最寄りの駅から徒歩圏内です。
経験豊富な職人気質の社員がたくさんいる会社です。
この技術や経験を若い人たちに伝え、会社を大きく発展させていきたいと考えています。社員の教育は、OJTが中心。
実践を通して、図面を書いたことがない方でも、一人前の設計者に育て上げますので、ご安心ください。

ここがうちの強み!!

事業内容

富士技術開発では三原技術センターと水島技術センターにおいて、

それぞれ特色ある製品の開発・設計を行っています。


◆三原技術センター

・各種産業機械の製品開発設計から組立現場の各種業務サポートまでを対応

・新交通システム製品開発設計から各種業務のサポートまでを対応


◆水島技術センター

・自動車製造工程全般に亘る企画提案

・工法設計

・設備計画

・自動化計画

・合理化計画

・省人化計画

・製造ライン設備

・製造設備の基本計画~詳細設計~生産トライまでを対応

・プラント配管設計からプラントのSV(現場監督業務)までを対応。

はたらく環境

会社情報

設立1977年
創業1963年
資本金1億円
代表者名代表取締役社長 西岡 宏
従業員50名 (外に協力会社20名)
平均年齢 
売上高3億5,000万円(2015年3月期)
事業所・【本社】三原技術センター 広島県三原市糸崎2丁目11-1
・水島技術センター     岡山県倉敷市水島明神町4-7
沿革昭和38年6月  西岡伯夫、(有) 富士設計を設立する。

昭和42年4月  本社ビルを三原市古城通に建設する。

昭和52年4月  社名を富士技術開発(株)と改名する。
       資本金1,000万円とする。

昭和61年3月  岡山県倉敷市水島明神町に水島技術センタービルを建設する。
       資本金2,000万円とする。

昭和63年    本格的にCADの導入を開始する。

平成1年    資本金を5,000万円とする。

平成19年 資本金を1億円とする。

地域情報

採用連絡先

〒729-0324
広島県三原市糸崎2丁目11-1
松林 秀樹 0848-63-6666 matsubayashi@fmec.co.jp

エントリー済み
気になる企業登録済み
top